スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分で分かる前線連携!

/a 軍茶失礼します。

/a 今から5分ほど軍茶を使用させていただきます。

/a 短い時間ですので、どうかご了承ください。

/a 今回の講習では軍団チャンネルと全体チャンネルを使わせていただきます。

/a 全体チャンネルが見辛い、という人はnキーから色を調整してみてください。

/a 緑と青を150まで上げると真っピンクな感じでよろしいかと思います。

/a  

/a それでは始めさせていただきます。

/a 今回は3分で分かる前線連携と題しまして、前線における立ち回りについて簡単に説明させていただきます。

/a 一言で言えば

/all 役割を分担し、お互いの死角・弱点を補い合うこと

/a これが前線における連携です。

/a クラス毎に異なる特性・役割がありますのでそれぞれ得意とする事は大きく違います。

/a 個々が連携を意識する事なく動いていると、同じ前線にいても孤立しやすく

/a 狙いやすい人から倒され、人数が減っていけば前線は押されてしまいます。

/a そうならないためにも連携を意識して動き、味方と息を合わせていきましょう。

/a  

/a Q.具体的に連携って何をすればいいの?

/a A.一方的にでも良いので味方を意識して動けばいいです。

/a 自分は誰と、どのクラスの人と一緒に動けば攻撃を当てやすいか

/a 最初はこれを意識するだけでも良いです。

/a 片手ウォーリアーは敵を凍らせてくれるソーサラーの近くにいれば

/a シールドバッシュを当てやすくなりますし

/a 火系統のソーサラーであれば、同じく敵を凍らせてくれるソーサラーや

/a 敵をスタンさせる片手ウォーリアーの近くにいれば、ヘルファイアを当てる機会が大きく増えます。

/a そのためにもPOWは無駄に使わず、味方と合わせられるように維持・管理しましょう。

/a この一方的な意識が多くの味方の間で繋がっていけば、それはもう十分に連携です。

/a しかし、「近くにいる」と言ってもすぐ隣に居れば良いわけでもありません。

/all 「自分を見ている相手」には攻撃が当てづらい

/all 「自分を見ていない相手」には攻撃が当てやすい

/a これは自分も含め、敵味方共通の事です。

/a 敵の真正面ばかりに集まっていると

/all 敵は正面だけ見ていれば、自分を狙っている相手を捉えられる

/a これではなかなか攻撃のチャンスを作る事は出来ません。

/a 味方の攻撃に合わせられる程度の距離を維持しつつ、敵の死角を増やすように

/all 別の角度から敵を狙える位置で動く

/a こうする事で敵は正面だけでなく、左右に視点を動かす必要が生まれます。

/a そうなれば敵に死角や隙が出来ていきます。

/a 一か所にまとまるのではなく、左右に大きく開いて位置取る。

/a これをしっかり意識しながら連携を取っていきましょう。

/a  

/a 次は防御面の連携です。

/a 味方と連携が取れないという事は、

/all チャンスに食い付けないだけでなく、味方を助けられない

/a という事に直結します。

/a 味方の1デッドを助ける事と敵を1キルする事は同じ価値があります。

/a 味方が減るほど、前線は劣勢となりますから自分もそれだけ苦しくなる。

/a 味方のピンチは自分のピンチ! というわけです。

/all 助けられる味方は助ける

/a 助ける手段があり、助けられる余裕があるのであれば助けましょう。

/a 助けに行って自分も死ぬ、あるいは代わりに死んでしまうようなら、涙を飲んで諦めましょう。

/a 味方を助けられる位置 味方に助けてもらいやすい位置を意識するのが大事です。

/a 味方の救助に関しては、特に弓スカウトさんの活躍どころです。

/a 吹き飛ばし効果のあるスキルの中で最長の射程を持つピアッシングシュートは

/a 味方を助けるために最適のスキルとなっています。

/a 劣勢になりつつある時や味方が凍りそうな時、スタンしそうな時は

/all 先にそれを読んで、救助のためのPOWを溜めておく

/a 弓スカウト以外にも言える事ですが、

/a POWが0の状態から回復を待ち、使い切りつつ攻撃

/a POWが60の状態を維持しながら、回復を待ちつつ攻撃

/all どちらも攻撃の手数は変わりません。

/a ここぞ、という時のために使いたい時に使えるだけのPOWを維持しつつ動きましょう。

/a  

/a 攻撃面、防御面の両方に言える事ですが、連携を意識するにあたって重要なのが

/all 両軍の視線の集中です。

/a スタンや氷像、突出した敵・味方、陣中に潜り込んだ短剣スカウト・両手ウォーリアー

/a リスクやチャンスが高まった場合に視線は集中します。

/a つまり、この瞬間は非常に大きな死角・隙が生まれるという事です。

/a この視線が集中する瞬間が「起点」となり、

/all どう動けば自軍の被害を少なく、敵軍の被害を大きく出来るか

/a という、前線が大きく動くきっかけになります。

/a 例えば、スタンした敵に向かって全員が攻撃を仕掛けるのではなく

/a その敵を助けに動いた敵を狙う等の役割分担が

/all 味方のリスクを減らし、こちらのリターンを増やす結果に繋がります。

/a もちろん起点はスタンだけではありません。

/a あらゆる状況で前線が動くきっかけは生まれます。

/a 鍵となるのは「視線の集中」です。

/a 初心者卒業の第一歩は味方をフォローする事から始まります。

/a フォローはされるものではなく、自らがするもの。

/a 助けた味方はいつかきっとあなたを助けてくれます。

/a 全員で協力し合い、強くなっていきましょう。

/a といった所で前線連携についての説明を終わります。

/a 使用したテキストはSNS 眼鏡三号のページに置いてありますので

/a 興味のある方はぜひいらしてください。

/a テキストの利用はフリーとなっております。

/a 部隊内での講習、新人育成など自由にお使いください。

/a 質問等ありましたら、お手数ですがまでお越しください。

/a 軍茶失礼しました。
スポンサーサイト

「3分で分かる前線連携! 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。