スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分で分かる戦場の見方!

/a 軍茶失礼します。

/a 今から5分ほど軍茶を使用させていただきます。

/a 短い時間ですので、どうかご了承ください。

/a 今回の講習では軍団チャンネルと全体チャンネルを使わせていただきます。

/a 全体チャンネルが見辛い、という人はnキーから色を調整してみてください。

/a 緑と青を150まで上げると真っピンクな感じでよろしいかと思います。

/a  

/a それでは始めさせていただきます。

/a 今回は3分で分かる戦場の見方と題しまして、戦場全体の見方を簡単に説明させていただきます。

/a まず、初動の意味についてお話します。

/a 物事は必ず理屈があって動いています。

/all 初動でなぜオベリスクを前線へ伸ばすのか。

/a オベリスクの位置が前線に近ければ当然それだけ折られやすくなり、

/a アラートもありますから早く建てれば建てるほど折られた時の被害も大きくなります。

/a これは非常に大きなリスクです。

/a では何故このリスクを抱えてまで初動で前線へオベリスクを伸ばすのか。

/all それは自軍のATを意味ある位置に建てるため、敵軍のATを意味ある位置に建てさせないためです。

/a マップによってはブルワークによって封鎖を行うためと言っても良いでしょう。

/a 逆に言えば、ATを建てない、AT建築を防がないのなら、わざわざリスクを抱えてまで前線にオベリスクを伸ばす意味はないわけです。

/a 伸ばす以上はそのリスクに見合うだけのリターンを生むために動かなければなりません。

/a ただ領域を早く多く広げたいのであれば、近い所からどんどん埋めていけばいいだけです。

/a 「今までそうしてたから、そうする」ではなく、

/a 状況と意味、メリットとデメリットをしっかり把握した上で

/a 「何故そうしているのか」を考えて行動した方がきっと楽しめると思います。

/a  

/a 次に主戦場とは何か、僻地とは何なのかについて説明します。

/a 戦争における勝利条件は、基本的には敵の拠点HPを0にすると覚えておけば良いです。

/a そして、その手段として大きな割合を占めるのが次の2点です。

/all 1.オベリスクやエクリプスを建てる事で支配領域を増やす

/a 支配領域量に応じて一定時間毎に敵拠点へ継続的にダメージを与える事が出来ます。

/all 2.敵のオベリスク等の建築物を破壊する

/a 敵の建築物を破壊する事で敵拠点へダメージを与える事が出来ます。

/a このダメージは敵歩兵を倒すよりも遥かに大きく、前線を押すのは

/all オベリスクを破壊するため

/a と言っても過言ではありません。

/a 戦争で勝つためには自軍の支配領域を広げ、自軍オベリスクを守り、

/a 敵軍のオベリスクを折る、これが重要となるのです。

/a すなわち、戦場において重要な地点とは

/all 攻める価値のある場所

/all =多くの領域が取れる、敵のオベリスクを折りやすい

/all =敵が領域を拡げづらくなる

/all 守る価値のある場所

/all =守らなければならない自軍のオベリスクがある

/a 例外もありますが、多くの場合この2点となります。

/a  

/a それでは本題、主戦場とは

/all 攻める価値、守る価値があり 「多くの人員を必要とする」 前線を指します。

/a 人が動く限り、戦場における重要な地点は変わり続けます。

/a 「そこに人が多いから主戦場」「今までそうだったから主戦場」

/a これは本来の主戦場とは意味合いが大きく掛け離れたものです。

/a ただ人が多く集まっている場所を主戦場とするのではなく、

/all 多くの人を必要とする価値がある場所を主戦場とするのです。

/a 惰性や人任せで動いてしまっては勝てる戦も負けてしまいます。

/a しかし

/a 「敵が来るのだから、放置して押されると被害が増える」

/a というのもまた事実なのが難しい所です。

/a マップやログを見て、柔軟に味方の人数を見ながら対処出来るようになりましょう。

/a

/a 次に僻地についての説明です。

/a 僻地と呼ばれる地点には2種類あり、

/a 1.重要ではないから人の少ない場所

/a 2.重要なのに人の少ない場所

/a 攻める価値も守る必要もあるが、主戦場と比較して多くの人員を割けないのが2の僻地です。

/a 多くの場合、1と2を混同してしまって無用な非難を生んでいます。

/a 主戦場に必要な人員が多すぎるために、重要であるのに人が割けない

/a 重要ではない僻地に行っている人が多いために、重要である僻地に人がいない

/a 戦力が均衡に近い状態ではこのバランスを取れないがために負けてしまう事が多いのです。

/a 戦場における主戦場と僻地の価値は大きく変動します。

/a どこを守るのか、どこを攻めるのか

/all 守る必要があるのなら守る、攻める必要があるのなら攻める

/a しっかりと自分の考えを持って動きましょう。

/a 守らなければならない場面で攻め、攻めなければならない場面で退く

/a そんな事をしてしまうと勝てる戦も負けてしまいます。

/a 召喚についても同じです。

/a 状況を見ず、無闇に召喚してもクリスタルの浪費に繋がり

/a 肝心な時にクリスタルが足りなくなってしまいます。

/a 戦況をよく見、よく考え、柔軟に動く事が重要であり、

/a こういった状況判断をしないまま、味方に当たるのは非常に恥ずかしい事です。

/a 自らの言動に責任を持ち、失敗したら次に活かす。

/a 強くなれるのは「負けて悔しい」と思える人だけです。

/a 責任の押し付け合いや言い訳をする人はいつまでも弱いままです。

/a みんなで楽しく強くなりましょう。

/a 以上で戦場の見方についての説明を終わります。

/a 使用したテキストはSNS 眼鏡三号のページに置いてありますので

/a 興味のある方はぜひいらしてください。

/a テキストの利用はフリーとなっております。

/a 部隊内での講習、新人育成など自由にお使いください。

/a 質問等ありましたら、お手数ですがまでお越しください。

/a 軍茶失礼しました。
スポンサーサイト

「3分で分かる戦場の見方! 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。