スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分で分かるクリ堀!

/a 軍茶失礼します。

/a 今から5分ほど軍茶を使用させていただきます。

/a 短い時間ですので、どうぞお付き合いください。

/a 今回の講習では軍団チャンネルと全体チャンネルを使わせていただきます。

/a 全体チャンネルが見辛い、という人はnキーから色を調整してみてください。

/a 緑と青を150まで上げると真っピンクな感じでよろしいかと思います。

/a  

/a それでは始めさせていただきます。

/a 今回の講習ではクリスタル堀について説明します。

/a クリスタルというのは建築や召喚を行うために消費する、いわば材料です。

/a 戦争中に大きなクリスタルの近くで座る(cキー)ことで手に入ります。

/a 自軍拠点(キープ)に最も近い大クリスタルを【キプクリ】、

/a その他の大クリスタルを【僻地クリ】といい、

/a そこからクリスタルを入手する役割がクリスタル堀、クリ堀、堀と呼ばれ、

/a 地味ながら欠かすことの出来ない重要な役割となっています。

/a 1つの大クリスタルからは700個のクリスタルが得られます。

/a 所持クリスタルが12個になるまでは5秒毎、

/a 12個を越えると10秒毎にクリスタルが1つ手に入ります。

/a ちなみに1人で 【所持出来る】 クリスタルの個数は50個までとなっています。

/a また、1人で 【掘る事が出来る】 クリスタルには上限があり、

/a Lv1~10  10個まで

/a Lv11~20  Lvと同じ個数まで

/a Lv21~35  20個まで

/a Lv36~40  Lv毎に21~25個まで

/a となっています。

/a 色々とややこしいですが、ゆっくり慣れていけば大丈夫です。

/a そのため、より多く、より速くクリスタルを入手するために

/all トレードが必要となるのです。

/a トレードは相手に向かってカーソルを合わせ

/a zキーを押したときに出るメニューからトレード

/a crystalと書いてある入力欄に個数を入力し、エントリー、決定

/a これでクリスタルの受け渡しは完了です。

/a  

/a それでは戦争中の堀の流れを追ってみましょう。

/a 戦争開始直後の堀では

/all 3個掘ったら募集者へトレード

/a 1人で10個掘るには50秒かかりますが、10人で10個集めるのは5秒です。

/a 複数人が掘ったクリスタルを1人に集める事で速やかに初動建築展開を行うのですね。

/a なぜ3個からのトレードが推奨されているかと言うと

/a 3個掘った人が3個掘った人にトレード

/a トレード中にもクリスタルは掘り続けられるので

/a 3個 + 3個 + トレード中の1個 = 7個

/a というように1人に7個集まります。

/a 同じように7個集まった人同士がトレードをすると

/a 7個 + 7個 + トレード中の1個 = 15個

/a となり、15個 = オベリスク1本分となるからです。

/all つまり5個掘った時点(25秒)で1人に15個集まっている

/a この状況が理想的な初動3個回しとなります。

/a ちなみに募集者の発言で

/a @3 は あと3個必要という意味。

/a ○○ぼ は ○○用クリ募集の略。

/a となっています。

/a 初動展開以降の堀では【クリまとめ】が重要な役割となります。

/a 12個以上のクリスタルを所持している時は掘る速度が遅くなるのは前述の通り。

/a それを防ぐために一人がクリスタルをまとめるのです。

/a 10個以上掘ったら

/all クリあずかります

/all あと○個持てます

/a これだけで自軍に大きな貢献を果たす事が出来るのです。

/a 僻地クリでは代わる代わるまとめ役をする事が多いですね。

/a まとめ役がいなければ率先して申し出ると良いです。

/a また、僻地クリには【召喚:ナイト】が来ます。

/a これは輸送ナイトと呼ばれ、クリスタルを運ぶ役割を担っているのです。

/a 輸送ナイトが来た時はまとめ役から順にクリスタルを渡すと良いですね。

/all そして、ナイトもクリスタルを持てるのは50個まで。

/a 渡す個数が所持数の上限を超えないよう気をつけましょう。

/a  

/a 大クリスタルを掘る際の注意

/a 大クリスタルにはクリスタル入手以外にも、5秒毎にHPを回復する機能があります。

/a 以前はHPの回復にも大クリスタルを消費していたのですが、今はクリスタルの掘削でのみ消費されます。

/a そのため、大クリスタルを利用しての回復(クリ回復)を行う人が非常に増えていますが

/all 「消費しないのだから無制限に回復して良い」というわけではありません。

/a 建築、召喚で運用出来るよりも多くのクリスタルを供給したとしても

/a 単にクリ回復によって誰にも預けられない「余剰クリ」が多く発生してしまうだけであり、

/a 以前の仕様よりも多くのクリが運用されないまま、無意味に発散してしまうのです。

/a 大クリスタルを利用して回復する際には、それに伴って掘削されるクリスタルの使い道をしっかりと考え、

/all クリスタルの運用を人任せにせず、自ら無駄をなくすよう動くことを意識しましょう。

/a  

/a 以上で掘に関する基礎講習は終わりです。

/a 使用したテキストはSNS 眼鏡三号のページに置いてありますので

/a 興味のある方はぜひいらしてください。

/a テキストの利用はフリーとなっております。

/a 部隊内での講習、新人育成など自由にお使いください。

/a 質問等ありましたら、お手数ですがまでお越しください。

/a 軍茶失礼しました。
スポンサーサイト

「3分で分かるクリ堀! 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。