スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分で分かる建築!

/a 軍茶失礼します。

/a 今から5分ほど軍茶を使用させていただきます。

/a 短い時間ですので、どうかお付き合いください。

/a 今回の講習では軍団チャンネルと全体チャンネルを使わせていただきます。

/a 全体チャンネルが見辛い、という人はnキーから色を調整してみてください。

/a 緑と青を150まで上げると真っピンクな感じでよろしいかと思います。

/a  

/a それでは始めさせていただきます。

/a 今回の講習では建築について説明します。

/a 建築とはクリスタルを使い、自軍の戦況を有利に運ぶための役割です。

/a 建築の際は必要な数のクリスタルを所持し、zキーから建築を選択します。

/a 戦争における勝利条件は

/all 敵拠点のHPを0にする

/a 基本的にはこれを覚えておけば問題ありません。

/a そして、敵拠点のHPを減らすには

/all 1.敵兵を倒す。

/all 2.敵建築物を破壊する。

/all 3.支配領域を増やす。

/a この3つが主な方法となっています。

/a その中でも支配領域と敵建築物の破壊は全体の7割以上を占めます。

/a つまり、戦争で勝利するためには

/all 1.建築を行い、支配領域を広げる。

/all 2.前線を押し、敵建築物を破壊する。

/all 3.自軍の建築物を死守する。

/a この3点が重要となるわけですね。

/a しかし、建築物と言っても全てが領域を広げるためにあるのではありません。

/a 領域を広げるのは

/all オベリスク 半径1.2座標分の拡張

/a 必要クリスタル15 通称 オベ

/all エクリプス 半径0.8座標分の拡張

/a 必要クリスタル11 通称 エク

/a の二つです。

/a 一般的にオベは折られにくい位置に建築します。

/all 折られた時のダメージが大きな痛手となるから

/a と覚えておいてください。

/a 一方、エクは前線を押したときの領域延長などに使います。

/all 敵支配領域でも建つ

/all オベほど折られても痛くない

/a と覚えておいてください。

/a もちろん、使い捨てて良いわけではありません。

/a 守れるのであれば、しっかり守りましょう。

/a では、戦争中の建築の流れを追っていきましょう。

/a まず、戦争開始直後は両軍共に支配領域を急いで伸ばしていきます。

/a その理由は

/all 建築出来るのは自軍の支配領域内のみである。

/all 一部の建築物を除いて敵軍の支配領域内には建築が出来ない。

/a この2点が挙げられます。

/a そのため、前線へ向かって自軍拠点の支配領域を延長するように

/a オベリスクを建築していきます。

/a この時、他の建築者と位置が被らないよう建築宣言をしなくてはなりません。

/all < pos>オベ建築します 重複注意

/a これだけでOKです。半角スペースは消して下さい。

/a 最前線に程近い地点まで支配領域が伸びたら次は防衛建築を行います。

/all アロータワー 一定時間毎に矢を射出する建築物

/a 必要クリスタル18 通称 AT

/a 前線へ支配領域が届くまでのオベ建築者が向かったら

/a ※戦場にもよりますが、大抵は2名から3名程です。

/a ATを建てるためのクリを集め、建築へ向かってください。

/a 遅れると前線が敵の支配領域となり、効果的な位置に建てられなくなります。

/a しかし、ATは「とりあえず前に建てれば有効である」というわけではありません。

/a 早期に建てようというのは有効な位置に建てる必要があるからであり、

/all 早期に建てるから有効であるというのは大きな間違いです

/a 後からでも有効な位置に建てられる、あるいは他に優先すべき事がある

/a というのであれば後からの建築でも構いません。

/a 有効な位置が分からない、有効な位置に建てられない場合は

/a 次の機会には建てられるように様々な要因を考えてみてください。

/a また、ATは

/all 3本でリジェ無効程度のダメージ

/a 0.5座標ある射程範囲を上手く重ね、高い効果を狙いましょう。

/a

/a さて、前線への領域が伸びた後は

/a AT建築と同時に前線以外の方面の領域を確保していきます。

/all これを 【裏埋め】 と言います。

/a 建築はその予定地に最も近いクリスタルから行うと効率的です。

/a 各クリスタルで建築を分担し、

/all ここからは何を建てに行くと良いのか

/a を考えて動く事でスムーズな展開が可能になります。

/a 裏埋めとAT建築はどちらを優先するのか

/a という議論がよく行われますが、優先度は

/all 有効な位置のAT>裏埋め>有効でない位置のAT

/a 有効な位置のATが分からないという場合は

/a AT建築は分かる人に任せ、どんどん裏を埋めてしまいましょう。

/a 裏埋めのコツはオベの領域化半径1.2座標を意識する事です。

/a 必ずしも壁際ギリギリに建てる事が良いとは限りません。

/all どうすれば少ない本数で綺麗に埋められるか

/all 守り易い場所に建てられるか

/a ここに建築士としての力量が問われます。

/a 建築は経験です。

/a 戦場に理想の建築地図を描けるよう懲りずに挑戦してみてください。

/a ウォークラフトやゲートオブハデスについては召喚編にて解説します。

/a 以上で建築に関する基礎講習は終了です。

/a 使用したテキストはSNS 眼鏡三号のページに置いてありますので

/a 興味のある方はぜひいらしてください。

/a テキストの利用はフリーとなっております。

/a 部隊内での講習、新人育成など自由にお使いください。

/a 質問等ありましたら、お手数ですがまでお越しください。

/a 軍茶失礼しました。
スポンサーサイト

「3分で分かる建築! 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。